としま未来文化財団あうるすぽっとホームページ
ご使用中のブラウザのJavaScriptをONの状態に設定してください。

本文へスキップ

Information

  • コンセプト
  • 施設概要
  • 劇場ご利用案内
  • 「劇場」受付カレンダー
  • 区民シリーズ
  • タイアップシリーズ
  • 会議室ご利用案内
  • 「会議室」受付カレンダー

外部リンク

HOME > ワークショップ(2009年) > 2009年のワークショップ

ワークショップレクチャー

「メディアリテラシーと演劇教育」〜情報とのつきあい方を考える〜
シンポジウム・ワークショップ開催

詳細 受付終了
○シンポジウム 11月20日(金)18:00〜21:00
○ワークショップ 11月21日(土)10:00〜12:30(中高生対象)/
11月21日(土) 14:00〜18:00(一般対象)

メディアリテラシー(media literacy)とは、情報を読み解く能力のこと。
情報の溢れる現代で情報に惑わされずに生きて行くための力として、重要視されてきています。
今回はそのメディアリテラシーと演劇教育の先進国であるイギリスから、ICT(Information Communication Technology:情報コミュニケーション技術)と演劇とを融合させた教育方法で注目を集めているポール・サットン博士を招き、シンポジウムとワークショップを開催します。

ワークショップ 鴨下信一の
『日本語の学校2009』

詳細 受付終了
○開催日 10月17日(土)・24日(土)・25日(日)・26日(月)・31日(土)・11月1日(日)
○全6日間 各日10:30〜16:30
※但し、26日(月)の講義は13:00〜21:00の間で希望時間を選択

演出家・鴨下信一による、日本語の表現を深く理解するためのワークショップ。
古今の様々な文章をテキストに用いて、日本語の特性や機能性などを考えながら、「書かれた言葉」を『どのように声に出して読めば良いか』の習得を目指します。
また、講義4日目の10月26日(月)は劇場の舞台を使ってのワークショップ。各自のパフォーマンスを通して、声や身体の使い方について実践的な指導を行います。

「旅とあいつとお姫さま」 関連ワークショップ
テレーサと“あいつ”と“お姫さま”と身体を動かそう!

詳細 受付終了
○開催日 2009年9月12日(土)13:00〜15:00

9月に上演される「旅とあいつとお姫さま」の関連企画として、脚本・演出のテレーサ・ルドヴィコさんと、出演者による、ワークショップを開催します。
子どもたちに向けた活動に力を入れる演出家のテレーサさんと、“あいつ”役の楠原竜也さん、“お姫さま”役の辻田暁さん(お二人はコンテンポラリーダンサー)と一緒に、身体を動かしてみましょう。
物語に出てくる動きを、みんなでやってみます。
テレーサさんと一緒に、旅に出よう!

〜近藤良平、コンドルズ、池袋大作戦!!池袋の街で大盆踊り大会〜
新団設立5周年記念 おどっておどって盛り上げよう!にゅ〜盆踊り’大会

詳細 受付終了
○ワークショップ/7月12日(日)13日(月)19日(日)から選択 & 7月31日(金)
○盆踊り大会 /8月23日(日) in池袋西口公園

近藤良平、コンドルズと一緒に池袋の街で盆踊り大会に参加しませんか?
盆踊りを盛り上げてくれるリーダー(ワークショップ参加者)募集!!
各会場に近藤良平、コンドルズが出張してオリジナル盆踊り‘にゅ〜盆踊り’を伝授します!

○ワークショップ会場 豊島区内6会場
(勤労福祉会館・各地域文化創造館)
○大盆踊り大会会場:池袋西口公園

あうるすぽっと夏のダンス企画
“ダンバリ”ワークショップ

詳細 受付終了
○開催日/2009年8月3日(月)〜5日(日)
○申込期間 /2009年5月12日(火)〜7月13日(月)

公演とワークショップが一度に楽しめるダンバリでは、今年も豪華講師陣が勢ぞろい。
子どもから大人まで、一緒に踊って、楽しもう。

ワークショップ講師:
服部有吉 辻本知彦 香瑠鼓 黒沢美香 じゅんじゅん KENTARO!! 黒田育世 (日程順)

ナンチャンと一緒に狂言に挑戦!
現代狂言ワークショップ

詳細 受付終了
○2009年1月16日19:00〜21:00
○2009年1月17日10:00〜13:00
○2日間連続クラス

現代狂言V「サードライフ」より
撮影:駒井壮介

狂言の舞台で活躍中の南原清隆さん、狂言師の野村万蔵さん、野村扇丞さんと一緒に古典芸能「狂言」に親しむワークショップ。 あうるすぽっとの舞台で、狂言の世界に気軽に親しんでいただきながら参加者の中から2009年1月29日〜2月1日にあうるすぽっとで上演される「現代狂言V」出演希望者も募ります。

お笑いの世界で常に新しいことのチャレンジを続けている南原清隆と九世野村万蔵率いる萬狂言がタッグを組み、様式は狂言でありながら、現代の服装や言葉が入り混じるという独自の世界古典の笑いと現代の笑いのコラボレーションを探求している『現代狂言』。
その魅力を、ワークショップでもお楽しみください。

パントマイム・ワークショップ
「音のない世界をあそぶ」開催レポート

 レポート レポート公開中!
○1月17日(土)(会場:都立大塚ろう学校 体育館)
○1月18日(日)(会場:あうるすぽっと)

撮影:mao

あうるすぽっとでは、豊島区立の劇場としての教育プログラムを活動の柱の一つとしています。今回はその一環として、豊島区内に所在する都立大塚ろう学校とそのPTAで運営しているNPO団体「大塚クラブ」と協力し、大塚ろう学校や大塚クラブに通う小学校高学年を対象にパントマイム・ワークショップ「音のない世界をあそぶ」を開催しました。2日間を通しての子どもたちの生き生きとした様子をお届けします。

劇場スタッフがご案内
あうるすぽっとバックステージツアー

詳細 受付終了
○2009年1月12日 11:00〜 / 14:30〜 計2回

普段何気なくみている舞台の裏側には、舞台芸術を上演するためのたくさんの機能や装置が一杯つめこまれています。
「あうるすぽっとバックステージツアー」では、あうるすぽっとの舞台裏や舞台機構を、劇場スタッフが解説しながらご案内します。
今回は、舞台機構の中でも照明にスポットをあて、実際に機材の操作をしながら、照明による演出効果を体験していただきます。