豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっとホームページ
ご使用中のブラウザのJavaScriptをONの状態に設定してください。

本文へスキップ

Information

  • コンセプト
  • 施設概要
  • 劇場ご利用案内
  • 「劇場」貸出受付状況」
  • 区民シリーズ
  • タイアップシリーズ
  • 会議室ご利用案内
  • 「会議室」受付カレンダー

外部リンク

  1. ホーム
  2. コンセプト

コンセプト

人と文化が集う劇場「あうるすぽっと」

池袋駅東口より真っ直ぐのびるグリーン大通りを、徒歩10分。
新しく生まれ変わった東池袋に、2007年9月、劇場「あうるすぽっと」は開館しました。
舞台芸術の創造・発信・育成の場として、劇場プロデュース公演や共催公演(タイアップ公演)などを中心にした公演プログラムとワークショップやレクチャーなどの育成プログラムを展開し、“人々と芸術文化が逢い集う場”としての劇場を目指しています。
また、多くの劇場が集まる「演劇の街・池袋」で唯一の区立の劇場として、活力のある地域社会を形成してまいります。

公演プログラム(舞台芸術の創造・発信事業)

あうるすぽっと企画製作によるプロデュース公演のほか、優れた芸術活動を行っているアーティストやカンパニーを支援する共催公演“あうるすぽっとタイアップ公演シリーズ”を軸として、演劇・ダンス等の高品質な舞台芸術を上演しています。

育成プログラム(教育普及事業)

舞台芸術の魅力を身近なものとしていただくため、
第一線のアーティストを講師に招き、多彩なワークショップ、レクチャー等を開催。
地域の皆さまをはじめ、共に創り・育む参加型文化活動を展開しています。

愛称”あうるすぽっと”について

あうるすぽっとの“あうる”は池袋に縁があり、また知恵の象徴としてしられる鳥、梟(ふくろう)の英語名OWLから来ています。また、すぽっとは301席のコンパクトな劇場の臨場感をあえて、「SPOT=地点、場所」と表現しました。OWLの読みに逢い、集うという意味を重ね、舞台芸術を中心に人と、文化が集い交流する場所という意味をこめ、一般公募を経て名付けられました。

”あうるすぽっと”のロゴマーク

このロゴマークを作るにあたり思ったことは池袋、イケブクロ、フクロウという語呂からきた。聞いて見ると全くその通りだった。「森の賢者」と言われ「知恵」を象徴するらしい。そのような事をイラストレーターの黒田 征太郎に話したら30通りのフクロウがニューヨークのアトリエから郵送されて来た。「不苦労」「福郎」とも言われている。ドンピシャリのマー クとなった。(コメント:長友 啓典氏)
ロゴマーク デザイン:K2(AD+D.長友啓典/I. 黒田征太郎)

劇場概要

劇場名 あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)
オープン 2007年9月10日
開館時間 9:00-22:00 (但し、申込受付は19:00まで)
休館日 年末年始(12月29日-1月3日) 及び定期点検日(不定休)
その他の施設 ホワイエ・会議室(2室)
所在地 〒 170-0013
豊島区東池袋 4-5-2 ライズアリーナビル 2F・3F
TEL 03-5391-0751 / FAX 03-5391-0752
PAGE TOP
あうるすぽっと【豊島区立舞台芸術交流センター】
170-0013 東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F・3F
TEL.03-5391-0751 FAX.03-5391-0752
(C)2017 OWL SPOT ALL RIGHT RESERVED.

※禁 無断転載